Facebook Pixel Code
scroll top
【Nguoi lao dong 新聞より】 現時点において、海外で働くという選択肢は魅力的で適している
2021/09/09
559
Covid19により失業率は上昇したが、海外で働く労働者の機会は増加

労働・傷病兵・社会省、海外労働局によると、2021年1月~7月までの7ヵ月で海外で働くベトナム人労働者の総数は、41,383人(その中女性14,912人)です。1番目は19,300人のベトナム人労働者を受け入れた台湾(中国)、2番目は18,819人のベトナム人労働者を受け入れた日本です。韓国、ルーマニア、ハンガリー、さらにシンガポールは、ベトナム人労働者を定期的に受け入れています。直近の統計によると、全国でCovid19の流行が発生していた7月にも781人のベトナム人労働者が出国しました。

キャリアアップ

2021年9月、日本への技能実習生派遣の為、エスハイ社(ホーチミン市タンビン地区)は204名の男性と564名の女性を募集して面接するという計画を作成しました。月給は手当を除いて2800万ドンから3800万ドンで、日本では数百もの良い仕事がベトナム人労働者を待っています。 エスハイの人材育成部長チャン・ヴァン・カイン氏は「日本からの求人は、多くの若者、特にCovid19により仕事を失った若者にとっていい機会だと思う。」と話しました。

エスハイは、労働者の強みを生かすため、キャリアアップを方向づけて、サポートします。

カイン氏は「技能実習生向けの各段階の明確な計画を示すロードマップがあります。ベトナムで日本語と技能の学習計画、日本で働く際の年間計画などです。技能実習生が日本で働く道を選んだら、彼らが必要なスキルを学び、日本で将来の為の資金を貯金させることがエスハイの目的です。」と話しました。帰国後、優秀な人材は、エスハイでベトナムでの日系企業のマネージャー、部長、チームリーダーなど月給2500万VND以上の仕事を紹介してもらうことができます。

ニャットフイカン社(ホーチミン市ビンタイン区)も、多様な分野と魅力的な収入で何百の仕事を募集しています。

現在、プラスチック成形、金属プレス、金属塗装、建設、機械メンテナンス、食品加工、電気機器、水産加工などの業界で1,000人以上の労働者を採用しています。

日本組合とエスハイの候補者のオンライン面接会

多くの選択肢

ニャットフイカン社の代表によると、ベトナム人労働者は日本人に劣らず、仕事がうまくできます。日本で働くベトナム人は急速に増加し、多くの若いベトナム人実習生が日本で評価されており、その評価はベトナム人労働者が日本で成功するための自信となっています。

現在、日本へ行く手続きは以前よりもシンプルで、特に募集分野は以前よりも多様化しています。それはベトナム人が日本に働きに行く良いチャンスです。3000万ドンから4000万ドンの収入から住宅費を支払い、貯蓄をすれば、帰国後キャリアアップのため起業したり、他の国に行ったりなど様々な選択肢があります。

マイリン労働輸出センター(マイリン国際協力株式会社傘下、ホーチミン市7区)のディン・タン・ビン副社長は、現在最大の問題点は日本への入国であると述べました。面接、語学教育から手続きの段階まではオンラインで行うことができます。日本の組合は、ほぼ毎日オンライン面接を行い、採用情報を絶えず送信しています。Covid19の発生以来、日本側はベトナムに来ての面接は行えませんが、オンラインでの面接は非常にうまくいっています。流行時期でもマイリンセンターの多くの実習生が出国できました。すべてオンラインでしたが、順調に進んでいます。

Covid19の流行のため、多くの業界が停止を余儀なくされたが、労働者の派遣は順調に進んでいます。人数は少なくなったが、労働者の品質は保証されています。

社会隔離期間にもかかわらず、面接に参加も可能です。日本語をある程度身につけたら、基本的な教育訓練に受けて、通常どおりに日本に行き働くことができます。

良い派遣会社の選択
労働者派遣の専門家フイン・ホー・ダイ・ニア氏によると、「ワクチン接種が進み、各国の政府も流行に対する対策をしているので、日本へ行きたい労働者は安心できます。良い派遣会社や質の高い安全な海外勤務プログラムを選択しましょう。出国前、雇用主からのすべての仕事の要件を満たすため、時間を大事にして外国語、スキル、マナーなどを学んでください。」

Giang Nam– Nguoi lao dong 新聞より

セミナー、日本文化、経験者の話、ニュースなどの配信を希望される場合、メールアドレスをご記入ください。
同じカテゴリーの記事
この記事についてコメントする