Facebook Pixel Code
scroll top
「N2取得実習生」ゴック チャムさん: 「帰国後、今後の仕事について常に考えています」
2018/12/24
1928
私はESU108クラスで勉強していたゴック チャムと申します。私の話が皆さんの役に立てばと思います。

皆さんは、夢を持っていますか。

私は、KAIZEN学校で勉強していた時間と3年間日本で働くことができたおかげで、自分が何をしたいのかやっとわかりました。

KAIZEN学校で勉強していた時、日本語だけではなく、マナー、日本の文化、習慣なども勉強できました。ですから、KAIZEN学校で勉強している皆さん、学んだことを忘れないでくださいね。非常に役に立つと思いますから。

そして日本での生活の中、注意しないといけないことがいくつかあります。

1つ目、一番大切なのは、健康です。

元気じゃないと何もできないので、食生活を工夫して、できるだけよく運動するようにしてくださいね。

2つ目、一年ずつ目標を立てましょう。

組合の先生の指示で、毎年「一年後の自分」に手紙を書き、先生に提出しました。そして年末になると、書いた手紙を再びもらって読んで、自分が書いたことのとおりにうまく行ったかを見て判断しながら、次の目標をたてるという形です。

3つ目、「帰国後、自分の将来を常に考えること」

人は夢を持つと、夢を叶えるまで頑張れます!やりたいことがやれたら、幸せで意味がある人生を過ごすことができるのではないかと思います。例えば日本語の先生になりたいなら、毎日日本語を勉強するという努力をすることができます!夢を叶えるまで頑張ることができます。

4つ目、最後まで粘り強くやることも重要です。

チャレンジしないと成功できないでしょう。日本語を勉強することも同じです。難しければ難しいほど諦めたい気持ちが増えるのではないでしょうか。しかし、一回乗り越えると、とてもいい気持ちになるので、仕事で疲れても、毎日必ず2時間ぐらい日本語を勉強したほうがいいと思います。

最後に5つ目、職場でみんなといい関係を作ることです。

できるだけ心を開いて交流しつつ、たくさん学びましょう。3年間はそれほど短くないし、それほど長くもないですが、時間を無駄にしないで頑張ってください。

セミナー、日本文化、経験者の話、ニュースなどの配信を希望される場合、メールアドレスをご記入ください。
同じカテゴリーの記事
この記事についてコメントする