scroll top
「ベトナム・シンガポール技術短期大学およびESUHAIグループと日本企業との交流会」が盛大に開催されました。
2023/03/15
1092
2023年03月8日(水)午前、ESUHAIグループ代表レロンソン及び日本企業の代表者がベトナム・シンガポール技術短期大学の200名程度の学生を対象に「キャリアデザインセミナー」を開催しました。

「時給は、どのぐらい貰いたいと思っていますか。」という代表ロンソンからの質問には、機械学部の学生からは興味深い答えがたくさんありましたが殆どの学生は、長期的に安定した仕事で高収入を得たいと答えました。

多くの学生は卒業後は月1000万ドン〜1500万ドン(6万円〜8万円程度)くらいの給与でいいと答え、一方で日本に仕事に行くことに興味を示したり、高い給与をもらえる仕事を探したいという希望を口にする学生も少なくありませんでした。

ESUHAI グループは学生の皆さんの懸け橋となり日本の企業で専門の実習ができる機会が持てるようサポートしたり、日本語、日本式のマナーや確かなキャリア構築についての考え方などを短期大学の卒業を前に教育します。

ベトナム・シンガポール技術短期大学の専門学校過程の学生には、仕事に対する意識レベルの向上を目的に、技能実習生になる選択も、人生の第一ステップになるのではないかと、代表のロンソンは話しました。

今回は、学生たちはより具体的に日本企業での仕事について理解できるようにESUHAI グループの取引先企業の1つである、医療機器メーカー株式会社ナカニシが、企業での職場環境、福利厚生、技能実習生が社内でどのようにレベルアップしていくのかなどのお話をしてくださいました。

株式会社ナカニシ総務・人事・法務担当執行役員有賀浩一様は「毎年Esuhaiから40名ずつ受け入れて合計で120名の実習生が私たちの会社で働く形となっています。今はコロナで入国が止まっていた影響もあり62名にまで減ってしまっています。ですからぜひ日本の弊社で皆さんとまたお会いできるといいなと思っています。」と話しました。

福利厚生に関して安全で清潔な環境で働けるほか、実習生用の寮も準備しています。3年間の実習の終わりベトナムへ帰国する前には日本国内旅行も行っています。

連携してから5年余りが経ち、ベトナム・シンガポール技術短期大学代表チャン・フン・フォン学長はこれからもエスハイ社との連携を継続し、採用企業との交流をさらに拡大したいという希望を表明しました。日本語のコミュニケーション環境を与えることで能力や姿勢を向上させ、いい日本企業で就職するチャンスにも繋がると確信していると述べました。

日本での就職プログラムに興味をお持ちのビンズオンの皆さん、自分の専門に適した理想的な仕事や給与を希望しているのであれば、ぜひこちらをご覧になりご登録をお願いいたします。

連絡先:0902.803.466(担当者:Huyền)
もしくは、ベトナム・シンガポール技術短期大学(Highway 13, Thuan Giao Ward, Thuan An City, Binh Duong Province)のESUHAI・KAIZEN吉田スクール事務所に直接お越しください。

セミナー、日本文化、経験者の話、ニュースなどの配信を希望される場合、メールアドレスをご記入ください。
同じカテゴリーの記事
この記事についてコメントする